スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

黒松内岳 重滝左股沢~黒松内川支流沢

SC001_2015031813502778b.jpg

黒松内岳 重滝へ沢訓練にきました。 メンバー くったら、山才さん、Kケイ

SC000_20150318135010da9.jpg

このメンバーだと当然のごとく 重滝(30m)は直登します。 左岸を楽しく登りました

SC002_20150318135027f1b.jpg
SC003_2015031813502552a.jpg

斜めバンドの滝は山才さんリード
登りのお楽しみはこの2つ位しかありませんでした

SC004_20150318135029b3c.jpg
SC005_2015031813510692a.jpg
SC006_20150318135111646.jpg

この日はCo420二股を左に行ってみました。

SC007_20150318135117d8b.jpg

小滝が少しある位であまり楽しくない沢でした。源頭からは猛烈な竹藪で稜線に詰めるのをやめて降りることにしました。

途中から尾根を乗越して黒松内川の支流沢に降りたのですがここがとんでもない?沢でびっくりしました


SC008_20150318135118b98.jpg
SC009_20150318135119e09.jpg
SC010_201503181351402f5.jpg
SC011_201503181351462ca.jpg

何個 滝が有ったか数えていませんが 10mクラスのナメ滝が10個以上はあります。
登りも難しいと思われます?

SC012_20150318135146c2a.jpg

登りより下山のほうが時間が掛ってしまいました。が 充実した訓練でした?

今度は登ってみたいと思います 

2012.07.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 道南 その他

美幌岳 1120.9峰 東広尾川

SC000_20111003202214.jpg

しばらく河原を歩く、途中 熊らしき後姿を見た

SC007_20111003202259.jpg

ようやく滝が現れる

SC008_20111003202258.jpg

滝は遊びながら登った

SC009_20111003202258.jpg

ナメも続く

SC011_20111003202258.jpg

明るい沢である

SC001_20111003202213.jpg

途中、伏流になる

SC003_20111003202213.jpg

伏流を過ぎるとまたナメがつづく

SC004_20111003202213.jpg

SC005_20111003202213.jpg

源頭付近で新しい熊のフンがあった

SC016_20111003202351.jpg

山頂からは展望も良くしばし景色を見る

SC017_20111003202351.jpg

下りは北東尾根から東広尾川左股沢を下降する

2011.10.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日高

室蘭岳 裏沢 中股沢 左

SC000_20110917213126.jpg

バットレスが見えてくるとゴーロはすぐである。(通常見えません?)

SC001_20110917213126.jpg

ゴーロを過ぎ右に進むと中股の出合の滝が見えてくる。(ゴーロ付近はガレで中股も右股もよく解かりません)

SC002_20110917213126.jpg

滝を登っていくと直ぐに次の滝が見えてきた

SC003_20110917213126.jpg

その後も簡単な滝がつづく 

SC004_20110917213125.jpg

二股を右に進む 

SC005_20110917213125.jpg

だんだんと三股が見えてきた。ここまでは特別難しい所は無いと思う

SC006_20110917213233.jpg

三股から斜度は増していく

SC008_20110917213233.jpg

中股を偵察に行ってみた。滝の中間までは問題ないのだが上の方で巻くにも登るにもフリーではリスクが有り、やめて懸垂で降りる。見た目より難しかった   比較的新しい残置ハーケン、スリング有り 

SC009_20110917213232.jpg

戻って予定していた左股を進む。直ぐにチョクストンが見え下を通過する

SC010_20110917213232.jpg

なぜか残置ロープがあった。こんな所、来る人には必要のないものだと思う

SC011_20110917213442.jpg

その先はツルツルの登りがつづく 水量少なくヌメリ有り

SC012_20110917213442.jpg

その先は苔むして狭い登りで源頭も近い なぜかロープが ?

SC013.jpg

近くに見たことがないフェルト地のワラジが落ちていた 

SC014_20110917213441.jpg

源頭からは笹薮を漕いで稜線に抜ける。比較的楽でした

SC015_20110917213441.jpg

稜線からはカムイヌプリが見えた

SC016_20110917213441.jpg

山頂には誰もいなかった?





2011.09.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 室蘭岳裏沢

三重の沢

IMGP1715.jpg

白老川本流より支流へ進んで行くとナメがつづく

IMGP1720.jpg

その先に2段のナメ滝が現れた

IMGP1724.jpg

二段目は7m位か? 中央からトラバースして右岸を直登するがヌメリがある

IMGP1732.jpg

橋をくぐりナメを進むと斜滝が見えてきた 小振りな沢のわりに大きな滝が出てくる

IMGP1735.jpg

さらに滝はつづく

IMGP1742.jpg

この沢はナメとナメ滝が多く苔とヌメリがある沢だが簡単で遡行距離も短い初心者向きの沢だった

2011.09.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 白老

大星沢

SC000_20110903151134.jpg

この日は何度も偵察に行っている大星沢を登ることにした 

SC002_20110903151134.jpg

F1の上を見たかったのだが 簡単には進まない

SC003_20110903151133.jpg

何度となく釜に落ち 

SC004_20110903151133.jpg

ようやく登っていく。昨年はもっと簡単に取り付いたのに

SC005.jpg

初めて滝の上に行ってみた。

SC006.jpg

予想どおりの景観にワクワクする 

SC007_20110903151243.jpg

F2は楽しんで登れます

SC008.jpg

F2の上に白老山岳会と思われるハーケンとスリングが残っていた

SC009.jpg

そして難関のF3 ここをどう通過するか 今後の課題です

2011.09.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 白老

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。